コーチ バック授権店 louis vuitton草間彌生|コーチ バック専門店_コーチ バック団 DICAD/PRO/DPX(迪百思)官方网站


2015-02-11 00:49    コーチ バック
「わかっているとも。バレリーナに罪はない。すべては自分のせいなのよね」  そうそう。すべては自ら選択したのよ、サルトルよ。ところでボーヴォワール女史が、少女時代はずっとバレエを習ってたりなんかしちゃったあかつきにゃ、どったらいーの、私は。     * 「いい歌でしょ。恋をしても恋におぼれず、現在の自分の技術と立脚点を客観視していて聡明で、ちゃんと生活基盤を堅固なものにしようと恋をプラスに昇華する板前さんの心意気がナイスだわ」  つらい恋もエンジョイできてこそ自立した男。やっぱり大阪万博以前の男はちがう。 「そうかな。ぼくはそうは思わない。恋をしても恋におぼれず、なんてことはありえない。ならばこれは恋とは呼べない。恋愛ゲームだ。きみは恋をしたことがないんだよ。中・高生のような恋のことじゃない。大人の恋をしたことがないからそんな机上の論理が吐けるんだ」  私はみがまえた。これからまた霞が長々と「。」がなくて「、」でつながったことを述べると。 「恋とは、それはたとえば音声言語が機能しない空間のなかにおける、音声が実体をそこに直接的に現前させる形而上学こそが最優先されるべきものとして成立してしまった現代社会のひずみのなかに息吹く、古代への回帰であり、音声言語はもはや書かれたことばとしての再現と化しつつも、古代にはもはや生を見いだせぬ我々は現前するかのように、演じてみせるものなのではなくて、むしろ古代への回帰をさらに直接的に体現するべきことが優先されるべきであったにもかかわらず、灰色の冷たい虚構にかくれようとして実体そのものを見失いがちな傾向にあるから、それならばぼくは虚構をあえて前面に出し、その虚構という名の現実のなかで演じるという行為を憎悪しつつも選択せざるをえない、ここにしかないものを求めつつ、両者は重なりあって一致するかのごとき一瞬を見せてくれることを享受するが、両者は完全に一致することはありえないから、さながら、かの北の果ての王国の王子のごとく死霊におびえ、また死霊を崇拝し、現実にある生命体との闘いに疲弊《ひへい》し幻想を見るときにこそつぶやく、ことば、ことば、という台詞《せりふ》は、それが書かれた音声言語であることを人々から忘却させる効果をもって、本来の虚構性をも忘却させ、そこはそこではなく、ここに光の速さで飛翔して、北の果ての国の王国は溶解し、マングローブの繁る南の楽園にいるかのような幻影をみごとにわれわれに与えてくれるものなのだから、その南洋の海にならば、ぼくは盲《めし》いた者のようにとびこみ、イルカともなるだろう、それが恋ではないのか」  やはり霞はやってくれた。ペラ三枚分、「。」のないごたいそうなわりに、中身は、 (ようするに、恋におぼれるような女が好きなんですね)  とマクドナルドのコーヒーなんだけど、この「ようするに」をやると万博後の男は「しおしおのぱー」になるから、 「恋におぼれる女に私もほんとうはなってみたいけれども……」  と、ちょっとアレンジメント操作をおこなった。 「フ、それはきみが飛ぶのを恐れなければ容易に実現することなのかもしれない」 「どっちかっつうと、私が飛ぶのを恐れているんじゃなくて、私が飛んでくるのを男が恐れてるから、今までのロマンス人生、暗かったんだと思うけどなあ」  私はカラオケを選曲した。

最新情報

ランキング